セミナー

セミナー後記 2016年5月21日 学生支援セミナー(2016年 第4回)開催報告

2016年5月21日(土)にIFHD学生支援セミナー(2016年 第4回)を開催しました。
2016年の第4回は、「日本の金融業はこんな仕事をしている!」と題し、全国生命保険労働組合連合会、損害保険労働組合連合会、三菱UFJ信託銀行 従業員組合、三菱UFJニコス労働組合の方々をお招きして、お話をいただきました。
 
最初に、理事長の藤村がセミナーの趣旨と進行方法について説明しました。次に、各労働組合から、会社と労組の紹介、参加メンバーの自己紹介をしていただきました。そして、藤村が議論のテーマを設定して、ディスカッションが始まりました。今回の進行も、通常の形式で行いました。より多くの人の話を聴けるように、途中2回、席替えをしました。一つのテーマが終わるごとに、各テーブルの学生代表がグループで出た内容を発表し、グループ討議の内容を全体で共有する機会を持ちました。
 
問いは以下の通りでした。
Q1. 外から見えていない金融業界の内側は?
Q2. 社会人になって出会った失敗は?
Q3. 第1志望の会社でしたか?
 
全国生命保険労働組合連合会は、生命保険会社の営業部門・事務部門に働く労働者25万人(19組合・うちオブザーバー1組合含む)を組織する産業別労働組合です。生保労連は1969年に結成され、それ以来、生保産業に働く25万組合員の労働条件の改善と経済的・社会的地位の向上をはかる運動を進めています。さらに、税制改正や社会保障制度の充実をはじめとした生保産業に関わる諸問題についても、上部団体である「連合」等、各方面への働きかけを通じ、その解決に努めています。ジブラルタ生命労働組合や明治安田生命労働組合、第一生命労働組合など生命保険会社の労働組合によって組織されています。
 
損害保険労働組合連合会は、損保産業の企業別労働組合の連合体として結成された損保産業を代表する産業別労働組合です。現在21単組、組合員総数約88,000名で構成され、労働条件の維持・向上と産業の健全な発展に向けた様々な取り組みを行っています。損害保険ジャパン日本興亜労働組合や東京海上日動火災保険労働組合、三井住友海上労働組合など損害保険会社の労働組合によって組織されています。
 
三菱UFJ信託銀行 従業員組合は、三菱UFJフィナンシャル・グループに属する信託銀行で、その従業員によって組織される組合です。信託銀行とは、一般に信託業務を主に営む銀行をいい、日本においては、銀行法に基づく免許を受けた銀行のうち、金融機関の信託業務の兼営等に関する法律(兼営法)によって信託業務の兼営の認可を受けたもので、信託業務を主として行うものを指します。「信託業務」とは、他人財産を自己の名義として預かり、自己の財産と分別管理する機能を有している。
 
三菱UFJニコス労働組合は、三菱UFJフィナンシャル・グループに属するクレジットカード会社で、その従業員によって組織される労働組合です。クレジットカード会社はクレジットカードを発行し会員に関する業務を行うイシュア及び加盟店に関する業務を行うアクワイアラーの2つに大きく分かれます。三菱UFJニコスは、VISA、Masterカード、アメリカンエキスプレス、JCBなど多くの主要ブランドを取り扱っています。現在においては、多くの人が一般的に使用するようになった支払いの仕組みを担っている企業です。
 
第1番目の問では、外から見えない内側についてお話しいただき、議論を進めていきました。特徴的だったのが、銀行窓口とその裏側の様子です。窓口に10人の従業員がいるとするとその後ろには90人の従業員が控えているそうです。一般の利用者は、窓口で働いている人としか接しないわけですが、銀行としてはお客様のご要望に応えるために内側で多くの人が仕事にあたっているのです。外から見えているものだけが仕事ではないことが認識できるお話でした。
 
第2番目の問では、社会人になって出会った失敗について議論をしていただきました。金融業界ということで貸付業務のお話がでてきました。貸付金利のレートを間違えるという失敗です。金融業は、お金を貸してその利子によって収益を得ます。したがって、金利レートの取り扱いは非常に大きな責任を持つものであります。この金利レートの入力を間違えたということでした。幸い、銀行外部に出ていく前に他の行員が見つけて指摘・修正し、問題にならなかったということです。
 
今回このお話からは2つのことが見えてきます。一つは、業界に入るとその業界人としての能力が訓練されていくこと。もう一つは、仕事は一人でしているわけではないということです。どんなに気をつけていても、失敗は起こるときには起こります。それを企業組織がどのように対処しているかを理解しておくことは、重要です。次回以降も様々な産業の方々にお越しいただきます。ふるってご参加くださいますようお願い致します。
 
開催場所:東京しごとセンター セミナー室
時間:13:30~17:00
 
        20160521 student support seminar1.JPG   20160521 student support seminar2.JPG
 
        20160521 student support seminar3.JPG   20160521 student support seminar4.JPG
 
        20160521 student support seminar5.JPG   20160521 student support seminar6.JPG
 
NPO IFHD 事務局